ウイルス対策ソフトの特徴比較

phm21_0061-s

 

 

① ノートン

 

かつて私は「ノートン」を使っていました。

三大セキュリティーソフトのなかでも、一番利益をあげているソフトです。

 

シマンテックがノートンの権利を買って売ってるぶん他社ソフトより割高になってます。

検出率は最も高く、セキュリティは万全になります。

 

最新のパソコンを使っている方には「ノートン」を推奨します。

ただし、低スペックPCの場合、動作が重くなりますので気を付けて下さい。

 

 

② マカフィー

 

次に、「マカフィー」を使いました。

体感動作からいうとシステム負荷が半分以下になりました。

 

OSや入れているソフトとの相性もありますが、とりあえずフォトショップやイラストレータを使ってる方には「マカフィー」をおすすめします。

 

不具合が起き難く、対応ウィルスの守備範囲が広いからです。

 

 

③ ウイルスバスター

 

ネットゲームをされてる方やパソコン『』初心者にはトレンドマイクロの「ウイルスバスター」をおすすめします。

オンラインゲームのウィルスやワームに強いし、初期設定が簡単でサポートセンターの受信率が他社とくらべて最も高いからです。

 

参考: ゲーミングパソコン通販比較~おすすめ格安ゲームパソコン通販

 

ノートンのインターフェイスがお好きな方、スペック最強で問題ナシとおっしゃる方はこれを入れても大丈夫です。

ただし、バージョンアップの際は必ずバックアップをとることをおすすめします。

 

個人的にはノートンを買うなら「システムワークス」のほうがお家芸に近いのでそちらをおすすめします。

ユーティリティーソフトは高いのが相場なので、セットになってると価格も良心的になるし、更新するのはアンチウィルスのみでいいからです。

 

OSがXP以前のものであれば、是非ノートンをというのなら「アンチウィルス」を選びましょう。

メモリ128でも動くからです。けど、実装は最低でも256あったほうがいいです。