無料版と有料版の違いとは

phm23_0845-s

 

 

check_green01ウィルス対策ソフトを選ぶとき大切な事

 

 

インターネット接続環境でパソコンを使いたいのであれば、自分のパソコンに「ウィルス対策ソフト」を入れるのは必須です。

 

ウィルス対策ソフトを入れておかないと、外部からのウィルスに侵入されやすくなり、パソコンに入っているデータが消失したり、IDやパスワードを使って色々と悪用されかねませんので、ウェブ閲覧しないという人も、インターネットに繋げているのであれば、必ずウィルス対策をしておきましょう。

 

ウィルス対策ソフトは、無料のものから有料のものまで色々あります。

 

無料の対策ソフトは、使えるものも多く、複数のソフトを組み合わせれば使えないことはないのですが、無料ということで常に「広告表示される」場合があります。

さらに機能が限られているので、最新のウィルスに対して効果は薄いです。

 

有料のものは、一度ソフトを購入した後は定期的に更新してその度にお金を支払う必要があります。
1年で数千円ということが多いですが、有料なだけあって、スパイウェアやファイアーウォール対策機能が付いている物が多いです。

 

有料のウィルス対策ソフトを選ぶときに重要なのは、ウィルスの検挙率です。

値段が高いものは検挙率が高いですが、容量も大きいのでパソコンに十分なメモリがないと動作が重くなる可能性があります。

 

インターネットをほとんど使わずメールだけ、という人は多少安くて軽いソフトでも大丈夫ですが、アダルトサイトを閲覧する人は高価な対策ソフトの方が良いでしょう。

 

他にも、動作の軽さも重要で、古いパソコンに最新のソフトを入れると容量の問題で重くなることがあります。
購入前はメモリを確認しておき、一度無料で試せるのであれば、それを試してから購入するオススメします。

 

対策ソフトには、他にも迷惑メール機能、個人情報保護機能などソフトによって色々な機能が付いていますので、自分は何を重点において探したいのかはっきりさせてから探すと、選びやすいと思います。